Webデザイン基礎知識・Web製作支援サイト|小道具屋|

ウェブデザインサイト・小道具屋
文字サイズ変更  文字サイズ拡大 文字サイズ縮小 元に戻す
Webサイトを構築する全ての人のために。
小道具屋サイト開催1999/09/06 HOMEに戻る Webサイトの顔であるindexを考えてみましょう。 デザインにはコツがあります。コツさせ掴めば結構簡単かも? ユーザーをコンテンツに導くナビゲーションはしくじると使いにくいサイトになります。 デザインとは直接関係ないですが小技を紹介。 ブログ ご連絡・お問い合わせはコチラまで。

キッチリ分けて・分類 悩ませないナビ・統一感 サイトを作るたびに悩む・ナビ下ション リンクだってしっかりナビ・リンク

食事だってメニューが多いと悩むでしょ!
食事だってメニューが多いと悩むでしょ!
分類
分類を説明する前に分類の重要性を体験してみましょう。
質問です、「ラーメン」と「うどん」どっちが好きですか?
次に、「ラーメン」と「うどん」と「そば」、「パスタ」、「パン」、「ごはん」どれが好きですか?
さて私が何を言いたいのか分かりましたか?選択肢が少ないほど思考時間が短いと分かって頂きたかったのです。コンテンツが膨大になり、リンクやメニューが増えてくると系統だててサイト構築していかないと閲覧者はどれをクリックしていいのかが分からなくなります。

心理学的には、選択肢が5つ以上あると極端に思考時間が長くなると言われています。ただコンテンツ的に5つ以上の選択肢が出来てしまった場合には、選択肢に優先順位を付け、大きさを変えたり、色を変えたりして工夫をして下さい。


メニュー1

さて一見良さそうなメニューボタンですけれど、まだまだ改良の余地が残されています。スペース的に余裕があれば、もう少し間隔を開けても良いのでしょうか。次に折角ですのでグループ化もしてみましょう。今のままでは等間隔に並んでいますので視界性が悪いですし選択肢がいっぺんに表示され迷う可能性があります。


メニュー2

スペース的な問題であまり間隔は開けなかったのですが、上記のメニューより視界性は上がったのではないでしょか。メニューボタンにも、分類、グループ化を行うと良いです。

サンプルなので重要度を設定しなかったですけれど、新製品がメインであれば一番上に持って来て、会社概要のボタンを小さくするとかでもいいでしょう。

ボタンの並びや大きさは色々変えてみてベストなものを探して見て下さい。